不安、ふあん、フアン

家が決まり、引っ越す事も
決まって、まだ避難所で
いる人に比べれば、贅沢な
悩みだと思われると言われそうですが
あっちに行く不安とこれからのことを
考えると不安で仕方がありません。

それに輪をかけるように
兄が岩手県は仕事がないとか
国から家を失った人に貰えるお金
(家が全損の世帯に100万円、家を購入すれば更に200万円)
がハッキリしていないとか
不安を増大させることばかり言います。

ただでさえお金の事では
不安が大きいのにそんなに煽らなくても・・・。

あの時おらが死んでいれば
見舞金と生命保険で地元に
新築を買えたと思います。

生きている方が地獄かも知れませんね。
死んだ方が楽かも。

ps
今日バイクが納車されました。
スポンサーサイト

ありがとう、そして、ごめんね。

あの震災の日まで
約7年間、おらの足として
共に歩んでくれたバイク

あの時も時間のない中
ここなら来ないだろうと

少し高い所に置いたけど
そこにも津波が来て・・・。

おらがもう少し高い所に
置いていれば、こんな悲しい
別れがなかったと思います。

そんな別れだから新車を買っても
素直には喜べなかったです。
むしろ前のバイクに済まないって
気持ちが大きかったです。

正直今まで4台のスクーターを
乗り継いできましたが一番辛い
買い換えじゃないでしょうか。

どのバイクにも思いはありますが
前のバイクにはもっと乗りたかったです。

出来れば、修理して
たとえ一年でも良いから
乗りたかった、せめて半年でも

だから置いてあった所から
持ってきても、最初は直す気持ちで
いっぱいで買い換えに気持ちが
行きませんでした。

今おらが思うバイクへの気持ちは
ありがとう、そして、ごめんな
だけです。

家が決まりました

今日問題となっていた
家の前の土地が予想より
安く買えると不動産屋から
電話が来たので住み慣れた
気仙沼を離れるのは
悲しいですけど一ノ関に
行く事になりました。

家の値段も18年落ちですが
家の造りや程度が良いですし
何せ気仙沼よりかなり安いのも
決め手の一つです。

家が決まったので
次は家具や電化製品
はネットやニトリを
最大限に活用して出来るだけ
安く買おうと思います。

今日は早速津波で
駄目になったバイクを
新しいのに買い換えました。

前のスクーターを
バイク屋に置きに
行った時はかなり
辛かったです。

何せ約7年間おらの足として
何処に行くにも一緒でしたから。
別れは寂しかったです。

水曜日に新しいバイクが
届いたら、前のバイク以上に
大事に乗っていこうと思います^^。


今更くるな

昨日、震災以来一回も顔を
出さなかった、父方の伯父が
家にきましたが
おら達は2階の部屋いて出ませんでした。

帰った後で玄関を除いてみると
鯖の水煮の缶詰が袋に入っていました。

何を今更と母は言っていました。
震災前結構来ていましたが
それも魚(奥さんが魚嫌いで食べないから)
を置いていったりとか、後は車や金を借りる
ときばかり、家に来て、家も魚を貰ったら
酒とかお礼をやっていましたから。

それが震災で家を失ってから
お父さんに電話を一回したっきり
で家には一切音沙汰なし。

震災から3日後位に偶然会いましたが
飄々とした感じでいました。

会ったのはそれっきり
ガソリンがないと家にも
来ないで、他の人は心配して
ガソリンがない中でも
来てくれたのに・・・。

母はもう縁を切りたいと
言っています、父が個人的に付き合う分
には良いけどとも。
詳細は長くなるので書きませんが
伯父夫婦のために家が
どんなに悔しい思いをしたか。

母にはそんな思いも
あるのでしょう、だから
もう家とは一切関係のない
人になって欲しいと思います。

そのために夫婦が揉めるのは
見ているおらも辛いですからね。





ついに来たか

震災以来、何とか元気な状態を
保ってきたんですが
ついに来ました。

鬱々君の気配が

緊張の糸が緩んだのか
切れてきたのかは
解りませんが

でも今度来たら
中々浮上は難しいような
気がします。

明日起きたら
元気になっていると
良いなぁ。

今日前の家に行った時に
がれきの中に何かないかと
見ていた時に釘を刺してしまいました。

良く下を見ていなかった
自分が悪いですけど・・・。

すぐに近くにある病院に行こうと思ったら
もう診察が終わっていて
お父さんが勤めている
所に医者と看護師が
いるので、そこに行きました。

そこで医者に診てもらい
破傷風になると怖いからって
破傷風の予防注射を打たれました。

後は消毒をしてサビオを
張ってもらい、治療は
終わりました。ただ3週~8週間の
うちにもう一回、注射をして
貰って下さいと言われました。

足下の釘やガラスには十分注意を
払っていたつもりでしたが
慣れていくと注意が散漫に
なりがちになっていたのですね。

今度行くときは気を引き締めて
怪我をしないように気をつけたいと思います。


びっくり

またまた家のことなんですが
以前お母さんの友達の家に
行ったときにおばさんが
そこの土地を一坪3万で
前の家の人が売ってくれると
言っていたというので
今日聞いてみました。

聞いてびっくり・・・。

なんと5倍の15万なら
売るというのです。

今の気仙沼は多くの人が住んでいた
沿岸部が津波で家をやられ
いくらそこに土地を持っていても、
都市計画の関係で最低2年はそこに
建てられない事になっています。

それに地盤沈下してて
そのままでは建てられないんですけどね^^;。

それで多くの人が内陸部に
土地を求め地主に土地を求め
値段を聞きに来ます。

それにしてもここまで
跳ね上がるとは
ただ、ただ驚きました。

ちなみに不動産屋さんは
そこの土地の価値は
8万位って言っていました。


猫問題

3月11日にここに来て以来
猫にも大変なストレスが溜まって
いると思います。

今は兄(お祖母ちゃんの家)の所に
厄介になっていて、そこでは2匹の
猫達がいます。

兄の所の猫の方は
最初はチロを見ても
威嚇のせずに、むしろ
猫同士一緒に暮らそうと
歓迎をしてくれている
ように見えました。

が・・・。

それをチロの方から
威嚇をしてしまい
それも台無しに
猫同士は難しい物ですね。

どうすればチロがここの猫達と
心開いて仲良く暮らせる
のかな考えてしまいます。

良い事あるのかな

震災から時々あの時避難しないで
家に居て津波にさらわれ死んでいれば
良かったと頭を過ぎる事が多々あります。

あの時死んでいれば
苦しむ事もないですし
おらの保険金が家の復興や
両親の老後の資金に
なるのではと・・・。

震災で生きたくても亡くなった
人の事を思えば馬鹿な思いだと思うのですが
これから生きていても幸せには
なれないような気がします。

先の事を考えると
本当に苦しいです。

友達からの電話

今日友達から電話が
来ました。夕方におらが携帯の留守電に
いれて置いたから来たのですけどね。

地震以来留守電になって
いたので、家族の安否が
知りたくて電話をしました。

友達が生きていることは
職場に車があってその車が動いていたから
分かっていたのですけど・・・。

今日の電話は悲しい物でした。
友達から、自分と離れて暮らす
兄弟以外は津波で全員が亡くなったと
聞かされました。

生きていることを信じてたおらに
とって、大変悲しい出来事です。

友達から聞くと、認知症の
お祖母ちゃんを避難させるのに
時間が掛かってしまって
逃げ遅れたんではないかと
言っていました。

その事を淡々と話す友達
気持ちを考えると
大変辛いです。

早く遺体だけでも
見つかって欲しいと思っています。

家探しに困難

今いろんな中古住宅を家族でみていますが
地元にはなかなかなく
隣の岩手県の一関の物件まで
見ています。

一関の方は安くて
いい物件があるのですが
母が地元を離れたくないと
言っています。

母が言うのももっとも
何ですが、父の方は
保険内で済ませたいと
思っているようです。

たとえ気仙沼に同程度の物が
あっても一関に比べると
かなり高いのが実態です。

一体どうすればいいのか
まだ答えが出ていません。
プロフィール

Author:まめkame 
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング